いそよしブログ 『民間の発想、保守のこころ』いそざき仁彦の、プロフィール、政治への思いと政策、故郷香川の誇るべきところ、日々のニュースなどを発信しています。

2012年08月24日

昨日の【CafeSta】は、日本国憲法「第4章 国会」について、党の考えを説明しました。

毎週木曜日の【CafeSta】は、「自主憲法制定」についてお送りしています。

昨日は、「第4章 国会」について、8月2日の衆議院憲法審査会の審査内容も踏まえ、いくつかの論点について、党としての考えを説明させていただきました。

DSC_0798.JPG

まず、現行憲法の規定内容について、解説しました。
・国会は「国権の最高機関」であり、「唯一の立法機関」であるとの位置づけ
・衆議院と参議院の二院制を採用していること
・いくつかの点で、衆議院の優越が認められていること
 −予算
 −条約締結についての国会の承認
 −内閣総理大臣の指名
 −法律(出席議員の3分の2以上の再可決)
・衆議院のみの権能
 −内閣不信任案の提出
・参議院のみの権能
 −衆議院解散中の緊急集会

DSC_0799.JPG

そして、以下の論点について、党の考え方をお話しました。
・国会の地位・立法権
・二院制等
 −二院制の是非
 −両院の役割分担等
 −国会議員の選出方法
・議事手続き等
 −通年国会の採用
 −資格争訟・議事手続・議院の自律権
 −議院の国政調査権
 −閣僚の議院出席の権利と義務
・政党

DSC_0801.JPG

DSC_0800.JPG

是非、動画をご覧いただき、憲法についての理解を深めてください。


posted by いそざき仁彦 at 17:25 | 香川 ☁ | Comment( 2 ) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

8月20日、東京電力福島第一原子力発電所を視察してきました。

党の「原発事故被害者の生活支援及び産業再生に関する委員会」として、東京電力福島第一原子力発電所を視察してきました。

朝、6:45に党本部をバスで出発し、約3時間半。
まず、Jヴィレッジに入り、東京電力より、全般的な説明を受けました。
東京電力からは、本来は国民の皆様に広く現状を知っていただきたいのですが、なかなかそうもいかないという複雑な思いが述べられました。
今回、視察の機会をいただいた私達としては、できる限り現状を国民の皆様にお伝えすることが必要であると考えます。

●現在、発電所のサイトでは、1日約3000人の作業員の方が事故処理に当たられています
●毎月、政府と東京電力で「中長期対策会議」が開催され、1〜4号機の廃止措置等に向けた中長期ロードマップの進捗状況が確認されています。
 @プラントの安定状態維持・継続に向けた計画
  ・原子炉建屋等への地下水流入抑制の取り組みが実施中
  ・構内貯留水に含まれる放射性物質濃度をより一層低くする多核種除去設備の設置工事   中
  ・処理水受タンクの増設
 A発電所全体の放射線量低減・汚染拡大防止に向けた計画 
  ・万一の地下水の汚染に備え、海洋への汚染拡大を防ぐための遮水壁を海に設置すべく   工事中
 B使用済燃料プールからの燃料取出計画
  ・4号機の原子炉建屋上部のガレキ撤去終了
  ・燃料取り出しのためのカバー設置に向けた工事中
   (平成25年末までに、4号機の使用済み核燃料の取り出し完了予定)

その後、構内の重要免震棟に移動し、高橋所長より、現状の説明を受けました。
「かなり落ち着いている」との認識が述べられました。
重要免震棟では、昼200名、夜間でも非常時に備え、70〜80名の東京電力社員が頑張っていました。
町村衆議院議員から、所員への激励がありました。

その後、バスの中から構内を視察しました。
構内の放射線量もかなり低くなっていますが、3号機の脇では、最大1.5msVという数値を示しました。
多核種除去装置現場、ガレキ置き場、乾式キャスク保管庫(使用済み燃料の一時保管場所)等を見て回りました。
原子力発電所のサイトを出る際は、車の放射線量のサーべイも厳重になされていました。

自民党本部には19:10に戻ってきました。

【所感】
・なかなか報道では知ることのできない現状を見ることができたことは有意義でした。
・確実に、事故処理は進んでいるとの印象を持ちました。
・1日3000人の作業員の方が構内で事故処理に懸命に取り組んでおられ、ご苦労様です。
・ただ、廃炉までには、まだまだ長い道のりがあり、また、まだ模索状態の部分もあり、今後の研究開発によるところも多いことから、国を挙げて努力しなければならないところも数多くあります。
・「安全」第一を改めて、誓った次第です。

【警戒区域】
IMG_1159.JPG

【各地警察から警備応援、今回は大阪府警、お疲れ様です】
IMG_1189.JPG

【東京電力福島第一原子力発電所への標識】
IMG_1208.JPG

【放射線測量計、免震重要棟に設置】
IMG_1220.JPG

【町村衆議院議員が職員を激励】
IMG_1227.JPG

【重要免震棟内、東電本社等との会議画面】
IMG_1238.JPG

【重要免震棟内、第1号機〜第4号機外部画面@】
IMG_1242.JPG

【重要免震棟内、第1号機〜第4号機外部画面A】
IMG_1243.JPG

【重要免震棟内、機器対応ルーム】
IMG_1247.JPG

【防護服をまとう】
IMG_1269.JPG

【原発サイトから出る際の車モニター、厳重です!】
IMG_1290.JPG

【汚染水タンク 100トン】
IMG_1296.JPG

【汚染水タンク 1000トン】
IMG_1299.JPG

【手前が第4号機、向こうが第3号機】
IMG_3846.jpg

【第4号機】
IMG_3864.jpg

【津波による破壊状況】
IMG_3877.jpg

【送電線の鉄塔が、土砂崩れで倒壊】
IMG_3925.jpg



































posted by いそざき仁彦 at 16:34 | 香川 ☁ | Comment( 1 ) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

ただただ呆れる政府与党の尖閣対応

本日も、昨日に引き続き、12時から党の「外交・領土に関する特命委員会合同会議」が開催されました。
15日に尖閣諸島に上陸した香港の活動家の強制送還方針について、省庁からの報告の後、議論しました。

今回は、入管法違反以外の罪状がないため、入管法第65条の規定にしたがい、入国管理局に引き渡し強制送還がとられる方向との説明あり。

主な意見は、以下の通り。
・上陸を阻止するというより、上陸に誘導し、穏便に逮捕させたのではないか
・レンガ状の物を警官に投げていることから、公務執行妨害である
・現場の判断というが、政治判断ではないのか
・今回も一昨年の尖閣同様、現場に責任を負わせる民主党のやり方だ
・今回は、事前の予告もあり、一直線に尖閣にきたものの、上陸を許した
 100隻単位で尖閣にきた場合どう上陸を阻止するのか
・今回の対応は痛恨の一語に尽きる
 国策変更が必要、それには、自民党政権しかない

やはり、政府与党に、日本の領土、主権を守るとの意思も能力もないことが明確になりました。
お盆で休んでいるどころじゃないぞ!

来週は、尖閣、竹島、李明博韓国大統領の言動で、大きな動きとなります。
自民党は、国益(どうも民主党の「国益」の「国」は日本ではないようです)を守るため、頑張ります。

posted by いそざき仁彦 at 15:36 | 香川 ☀ | Comment( 0 ) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロフィール

いそざき 仁彦
いそざき 仁彦(よしひこ)
1957年9月8日生まれ
<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

日記(242)
お知らせ(54)
政治への思い(3)

最近のコメント

後援会事務所、開きました!
 ⇒ 中村 清美 (06/11)
いそざき仁彦の"強い思い"
 ⇒ 米田智明 (05/18)
稲田朋美政調会長を囲む女性の集い
 ⇒ 阿川 勝 (05/14)
GW前半戦:街頭演説に立っています!
 ⇒ 阿川 勝 (05/14)
プロモーションムービー、制作しました!!
 ⇒ プロモーションムービー拝見しました。 (05/14)

携帯用:QRコード

携帯へのbookmarkは
↓でどうぞ
http://isozaki-yoshihiko.seesaa.net/