いそよしブログ 『民間の発想、保守のこころ』いそざき仁彦の、プロフィール、政治への思いと政策、故郷香川の誇るべきところ、日々のニュースなどを発信しています。

2012年10月18日

ネットニュース「BLOGOS」にいそざき仁彦 登場!

「BLOGOS」の「そうだ国会、行こう!」にいそざき仁彦が登場しました!

「そうだ国会、行こう!」とは
若者の政治参加をめざすOne Voice Campaignの原田謙介さんをインタビュアーに、
専門分野や知識を持つ議員の元へ問題の発端や根本を聞きに行くものです。

毎週木曜日の【CafeSta】で憲法改正について取り上げていることから
今回のインタビューとなりました。

「転換期の今、国難に打克つ自分たちの憲法を!−磯ア仁彦議員インタビュー」と題して
いそざき仁彦の取り組みを特集しています。

ぜひ、ご覧ください。

http://blogos.com/article/48553/

posted by いそざき仁彦 at 14:59 | 香川 ☁ | Comment( 0 ) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

靖國神社に参拝してきました。

10月17日から20日まで、靖國神社秋季例大祭が執り行われています。
本日18日は、例大祭当日祭です。
超党派の議連である「みんなで靖國神社に参拝する国会議員の会」として、今朝8時から昇殿参拝し、英霊に感謝の念を新たにするとともに、我が国の安寧を祈願してまいりました。

地元でも、戦没者慰霊祭が各地で行われていますが、どう次の世代に引き継いでいくかが課題です。
皆様と智恵を出し合ってまいりたいと思います。


posted by いそざき仁彦 at 09:05 | 香川 🌁 | Comment( 1 ) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

9月27日【CafeSta】:安倍新総裁の憲法への取り組みを解説しました。

26日の自民党総裁選で、安倍新総裁が誕生しました。
新しい自民党時代が到来です。

27日の【CafeSta】では、安倍新総裁の憲法への取り組みを解説しました。

CAFESTASYOUMENN.JPG

安倍新総裁は総裁選の12日間、
「領土、領海、国民の命は断固として守る」
「民主党政権の下で日米関係が悪化し安全保障の観点から問題である」
ことを主張されていました。
憲法に関しては、次の2点に集約されます。
 @「自主憲法制定」
 A「集団的自衛権の行使」

今回は「集団的自衛権」について安倍総裁の考えを説明しました。

CAFESTA27NUTU ].JPG


【集団的自衛権とは?】
  一般解釈では 
   「武力攻撃を受けた国と密接な関係にある国が、それを自国が攻撃されたとみなし
    反撃を行うことのできる権利」のことです。
  日本政府は
   「集団的自衛権は有しているが、憲法9条の下において、集団的自衛権を行使することは
    憲法上許されない」との立場をとっています。
   安倍総裁が首相当時の平成19年5月18日には「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」
を設け、「集団的自衛権行使」について議論していました。
   問題点を【4類型】として平成20年6月24日に、報告書を作成しています。

CAFESTA.JPG

【4類型とは?】
  
   @【公海上での自衛隊の米艦船防護】共同訓練について
     共同訓練などで公海上で、自衛隊艦船と米国艦船がいるときに、米国艦船が攻撃された場合、
     わが国艦船は何も出来ない。これでいいのか?
   
   A【米国を狙った弾道ミサイルの迎撃】
     米国が弾道ミサイル攻撃により甚大な被害を被ることがあれば我が国も深刻である。
     仮に、我が国が米国へ向かう弾道ミサイルを認めた場合、何もしないで
     手をこまねいて見ているだけでいいのか?

   B【PKOでの武器使用基準】
     同じPKO等の活動に従事している他国部隊が攻撃を受けた場合、
     わが国隊員は何も出来ない。これでいいのか?

   C【多国籍軍への後方支援】
     PKOでの後方支援と「他国の武力行使と一体化」の問題について、
     後方支援をするか否かは政策的な妥当性の問題としてメリット、デメリットを
     総合的に検討して決定すべきではないのか?

平成20年6月24日に出された報告書(福田内閣の時に提出)では、

   @ この場合は「集団的自衛権」を認める必要がある。
   A 「集団的自衛権」を認める必要がある。
     ミサイル攻撃への対処措置、手続きを迅速にする必要がある。
   B 少なくともPKOは共同作業であるから、国際基準に従うべきである。
   C 後方支援を行うこと、またどの程度行うかについては、その政策的妥当性が
     我が国民に受け入れられるかどうか、メリット・デメリットを総合的に判断して
     決定すべきである。

というものでした。
この問題については事実上「たな晒し」となっていました。
安倍新総裁が、この問題について、国民の皆様の理解を得て機運を高めて行けるよう
私も全力を尽くそうと思っております。

是非、動画でご覧下さい。
皆様からのご意見を、お待ちしています。

     
posted by いそざき仁彦 at 13:35 | 香川 ☀ | Comment( 0 ) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロフィール

いそざき 仁彦
いそざき 仁彦(よしひこ)
1957年9月8日生まれ
<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

日記(246)
お知らせ(54)
政治への思い(3)

最近のコメント

後援会事務所、開きました!
 ⇒ 中村 清美 (06/11)
いそざき仁彦の"強い思い"
 ⇒ 米田智明 (05/18)
稲田朋美政調会長を囲む女性の集い
 ⇒ 阿川 勝 (05/14)
GW前半戦:街頭演説に立っています!
 ⇒ 阿川 勝 (05/14)
プロモーションムービー、制作しました!!
 ⇒ プロモーションムービー拝見しました。 (05/14)

携帯用:QRコード

携帯へのbookmarkは
↓でどうぞ
http://isozaki-yoshihiko.seesaa.net/